松露の生い立ち 代々受け継がれる頑固なこだわり

江戸前寿司から玉子焼屋へ

初代・齋藤乙松(おとまつ)が、日本橋市場(現在の人形町)の寿司屋「松露寿司」に丁稚奉公に出されたことが始まりです。
松露寿司は、かつて松平家の御用商人であったことから「松の露」の屋号をいただいており、11歳で奉公に入った乙松は、兄弟子たちの厳しい修行にも耐え、大正13(1924)年に現在のこの場所・築地で、のれん分けされた松露寿司として店を構えました。他の寿司屋の旦那衆が魚河岸での仕入れ帰りに立ち寄るほどの腕前でしたが、終戦直後の統制下では寿司ネタも思うように手に入らなくなり、ヤミで仕入れたネタをこっそり握ることを余儀なくされました。警察の目をかいくぐるために、妻よしが間口四尺(約120cm)の店先で玉子焼を焼いていたのがこれまた評判となり、玉子焼屋へと移行するきっかけとなったのです。

昭和21(1946)年より本業として、「松露の玉子焼」のダシの味を確立していきました。
昭和27(1952)年7月には二代目・巳代吉(みよきち)が、有限会社松露を設立。築地場外市場において主に業務用として寿司屋や高級料亭などへ納める一方、昭和58(1983)年の三越銀座店への出店を皮切りに、一般のお客様へも「つきぢ松露の玉子焼」が知れ渡るようになりました。

伝統と挑戦が松露の力

味と原料への頑固なこだわりは、代々受け継がれている松露の伝統です。
開店当時は配給制のなごりで砂糖の甘さに飢えた人が多く、砂糖をふんだんに使う甘い玉子焼が主流でしたが、松露では逆に甘みを適度に抑えさっぱりした後味を目指し、醤油などをつける必要のない旨みのある玉子焼の味を確立してきました。

また、昭和57(1982)年より茨城県坂東市(旧岩井市)の「都路のたまご」から鶏卵を仕入れ始め、昭和61(1986)年には同社と契約、より安全で玉子焼に合うたまごの企画開発を共同で進めてまいりました。
現在の店主、三代目・元志郎のアイデアと探究心により様々な具入り玉子焼が生まれ、お客様からもご好評をいただいております。

築地本店だけでは生産が追いつかず、平成2(1990)年に茨城県坂東市(旧岩井市)に工場を立ち上げ(同16年閉鎖)、平成16(2004)年東京都江東区塩浜に新工場を立ち上げ現在稼動中です。

平成18(2006)年10月には松露初の路面店、築地新店を築地四丁目交差点にある築地共栄会ビル1FにOPEN。本店とは営業時間を変え、夕方18時までの営業とし、より多くのお客様にお求めいただけるようになりました。

沿革

大正13年 初代・乙松が「松露寿司」ののれんを築地に掲げる
昭和20年 戦後、乙松の妻・よしが店先で玉子焼を焼き始め評判となる
昭和21年 「松露の玉子焼」を本業としてスタート
昭和27年7月 二代目・巳代吉が有限会社松露設立
昭和57年 茨城県坂東市(旧岩井市)の「都路のたまご」から鶏卵を仕入れ始める
昭和58年5月 三越銀座店リニューアルを機に、B2F食料品売り場に出店
昭和58年12月 三越日本橋本店 出店
昭和61年 都路のたまごを指定鶏園として契約。玉子焼に合うたまごの企画開発を共同で進める
昭和61年6月 三越新宿店 出店(平成16年閉鎖のため撤退)
昭和61年9月 大丸東京店 出店
平成元年10月 三越池袋店 出店
平成2年 茨城県坂東市(旧岩井市)に玉子焼工場を立ち上げる(同16年閉鎖)
平成4年10月 東武池袋店 出店
平成5年8月 そごう柏店 出店(同13年撤退)
平成14年7月 つきぢ松露株式会社へ商号および組織変更
平成14年9月 そごう横浜店 出店(平成24年撤退)
平成16年8月 東京都江東区に新工場「塩浜工場」を立ち上げる
平成16年11月 東急東横のれん街 出店
平成18年10月 松露初の路面店 築地新店 出店
平成24年7月 グランスタ東京駅エキナカ店 出店

  • たまご焼きができるまで ~築地松露の社会科見学~
  • TSUKIJI SHOURO PROFILE and STORY
  • 旧オンラインショップへ会員登録いただいているお客様へ
  • リニューアルオープン記念会員登録すると500ポイントプレゼント
  • お買い上げ合計金額が¥7500以上は送料無料!
  • twitter
  • facebook